木内 俊彦 | KIUCHI Toshihiko


 

1973 千葉県生まれ
1992 千葉県立千葉高等学校卒業
1997 東京理科大学工学部建築学科卒業(伊藤裕久研究室)
1999 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了(岸田省吾研究室)
1999-2002 横河設計工房 | Ken Yokogawa Architect & Associates
2002-2017 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻助手(岸田研究室|Shogo Kishida Laboratory. 2007-助教)
2004-2011 武蔵野美術大学造形学部建築学科非常勤講師(「形態論」講義、共同担当)
2007-2009 東京理科大学工学部建築学科非常勤講師(設計製図)
2010-2011 ヴェネツィア建築大学IUAV客員研究生(JSPS組織的な若手派遣研究者等海外派遣プログラム)
2013-2014 お茶の水女子大学生活科学部人間・環境科学科非常勤講師(「建築意匠論」講義)
2013- 東京大学建築学専攻 Advanced Design Studies / Media Initiative Lab 担当
2017- 東京大学工学系研究科特任研究員(主任研究員)
2017 東京理科大学工学部建築学科非常勤講師(建築・都市設計)

工学博士(東京大学 2013) | Ph.D. (The University of Tokyo, 2013)
一級建築士 | First-class registered architect


 

著書・編著書 | Writings & Editings

2017.06 東京大学建築学専攻Advanced Design Studies編『T_ADS TEXTS 02 もがく建築家、理論を考える』東京大学出版会、2017年。(担当:企画、編集、執筆)

2014.12 東京大学建築学専攻Advanced Design Studies編『T_ADS TEXTS 01 これからの建築理論』東京大学出版会、2014年。(担当:企画、編集、インタビュー、翻訳、あとがき等)

2013.12 博士論文「カルロ・スカルパによる建築作品に見られる空間変移のデザインに関する研究」(東京大学、2013年)

2013.07 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻編「丹下健三生誕百周年記念 卒業設計図面集」木葉会、2013年(非売品、一部のみ公開)。(担当:企画、構成、編集、デザイン、エッセイ『卒業設計と論文に見る「学生 丹下健三」』、収録丹下論文の漢字・仮名遣いの現代語化等)

2009.08 「共存する境界:カルロ・スカルパの作品から見えてくるもの」岸田省吾編著『建築の「かたち」と「デザイン」』鹿島出版会、2009年、87-98ページ。

2003.03 日本建築学会編『建築設計資料集成—教育・図書』丸善株式会社、2003年。(担当:主にヨーロッパの大学建築)

1998.10 20世紀建築研究編集委員会編『20世紀建築研究』INAX出版、1998年。(担当:「都市/アーバニズムの系」内)